動画マーケティングとは?目的・手法・メリット・デメリットまでを徹底解説 | kazakami

動画マーケティングとは?目的・手法・メリット・デメリットまでを徹底解説

TEST

持つ, テーブル, コンピュータ, 女性 が含まれている画像

自動的に生成された説明

 近年動画マーケティングに取り組む企業が増えてきました。他社の動画広告やコンテンツを見て、「自社でも導入したい」と考えている企業も多いのではないでしょうか。

その一方、「何から取り組めばいいのか分からない」「メリット・デメリットを知っておきたい」と、一歩を踏み出せずにいるケースも少なくないようです。

そこで今回は、動画マーケティングとはどのようなものなのか、概要や目的を解説したあとに、考えられる手法やメリット・デメリットを紹介します。

動画マーケティングとは

人, 男, 座る, フロント が含まれている画像

自動的に生成された説明

動画マーケティングとは、動画を用いて行うマーケティング施策全般を指します。

動画マーケティングは、単に制作した動画をWebサイトに公開することにとどまりません。動画マーケティングはほかのマーケティング施策と同じように、ターゲットを絞り込んだうえでKPIを立て、掲載するプラットフォームを選定し、さらに公開後には効果検証を行い改善を重ねていく必要があります。これら一連の活動すべてが、動画マーケティングに含まれます。

動画マーケティングが注目される2つの理由

近年動画マーケティングが注目されているのには、以下の2つの理由があります。

  1. 視聴環境が整備された
  2. 動画が身近になった

それぞれ解説いたします。


理由①視聴環境が整備された

動画マーケティングが注目されるようになったもっとも大きな理由は、視聴環境が整備されたことです。

2021年(令和3年)8月に総務省が発表した「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると、スマートフォンの利用率は全年代平均で92.7%となっています。20代に至っては、99.1%と、ほぼ100%近い人がスマホを利用していることが分かります。

さらに通信システムも第5世代移動通信システム(5G)の整備が進むなど、高速通信を利用できる環境が整えられつつあります。通信にかかる費用も、政府主導のもと低料金化が進められ、安価に高速大容量通信を楽しめるようになったことが、動画マーケティングの拡大を下支えしているのです。


理由②動画が身近になった

動画マーケティングが注目される2つ目の理由として、人々の生活に動画が身近になったことが挙げられます。

同じく「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると、YouTubeやニコニコ動画などのオンデマンド型動画共有サービスの全年代利用率は初めて80%を超え、85.4%に達しています。スマホの所有率とあわせて考えると、動画を見るのがもはや当たり前になったともいえます。

また、スマホで簡単に動画を撮影し、編集するアプリも増えました。YouTubeやTikTokなど動画を楽しむ人が増え、動画を見たり作ったりすることに違和感や抵抗感を覚える人はどんどん減少しています。市場の受け入れ体制が整ったことも、動画マーケティングに注目する企業が増えている理由です。

動画マーケティングを行う目的

建物, 男, 座る, タイル張り が含まれている画像

自動的に生成された説明

動画マーケティングを行うことには、以下の3つの目的があります。

  1. 認知の獲得
  2. ブランディング
  3. コンバージョンの促進

それぞれどのような内容なのかを解説します。

目的①認知の獲得

動画はテキストや静止画像と比較して、音声と映像で訴えるため、より印象に残りやすいのが特徴です。そのためWebページやSNSなどのプラットフォームに掲載されると、人々の注目を集めやすくなり、商品やブランドの認知を獲得しやすくなります。

さらに動画はSNSなどで拡散されやすい傾向があるため、広告によるアプローチではリーチしづらい層の認知を獲得するのにも役立ちます。


目的②ブランディング

動画マーケティングは、商品やサービス、企業のブランディングを目的に導入されることもあります。

動画は文字や写真だけでは伝えられないことを、瞬時に伝えられる訴求力があります。例えば「目の前で調理してくれるレストラン」の魅力を伝えるには、文字や写真よりも、実際に料理を実演しているシェフと、それを目を輝かせて見ているカップルの姿を動画で流したほうが効果的です。

動画は「ブランド」という目には見えず言葉にもできない抽象的な概念を、視覚と聴覚から直感的にイメージさせるのに最適なのです。


目的③コンバージョンの促進

動画マーケティングは、コンバージョンの促進にも活用されます。

インターネットが急速に普及し、人々の購買行動も大きく様変わりしました。今ではBtoCだけではなく、BtoBにおいても、商品やサービスを購入する際には、インターネット上で比較検討するのが当たり前です。

さらに感染症による巣ごもり需要も相まって、オンラインでの商品購入は加速しています。オンライン上でコンバージョンに至らせるには、店頭で実際に実物を触っているのと同じレベルの情報を与えなければなりません。

その点動画は、実際に商品を使ってみせることで、その商品の特徴や魅力、使い方を分かりやすく伝えられます。動画マーケティングは、見込み客をコンバージョンさせるのにも、効果的な打ち手となるのです。

動画マーケティングの手法

屋内, テーブル, 座る, フロント が含まれている画像

自動的に生成された説明

動画マーケティングを実践するには、以下の2つの手法があります。

  1. 動画広告の配信
  2. 動画コンテンツの配信

それぞれどのような手法か確認しましょう。


動画広告の配信

動画広告とは、インターネット上のさまざまなコンテンツに配信される動画形式の広告を指します。

国内電通グループの、デジタル広告領域を牽引する4社(CCI/ D2C/電通/電通デジタル)が発表した「2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」によると、動画広告は前年比121.3%と大きく伸長し、インターネット広告媒体費全体の22%を占めるまでになりました。

動画広告には、主に以下のような種類があります。

  1. インストリーム広告
    YouTubeなどの動画サイトで配信される動画広告

  2. アウトストリーム広告
    Webサイトや SNS、アプリなどの広告枠に配信される広告

  3. インリード広告
    ユーザーがWebページをスクロールし、広告が表示された時点で再生が始まる動画広告

  4. オーバーレイ広告
    Webサイトの画面の上にかぶさるように表示される広告

  5. インタースティシャル(スプラッシュ)広告
    ページが遷移する合間に差し込まれる広告

  6. 動画リワード広告
    サイトやアプリでポイントやアイテムを獲得する代わりに視聴する広告

このように動画広告は種類が多く、どういった目的で広告を出稿するかにより、種類やプラットフォーム、動画の内容を考える必要があるのです。


動画コンテンツの配信
動画コンテンツは、自社サイトやSNSなどにストーリー性のある動画を配信することで、認知の獲得やブランディング、コンバージョンなどを狙う手法です。広告と違い、掲載枠の購入はしません。

動画コンテンツを配信する際は、Googleが提唱しているHHH戦略をもとに、以下の3種類のコンテンツを配信するのが戦略の基本となります。

  1. Heroコンテンツ

より多くの人の注目を集め、商品やブランドの認知を拡大させるために制作されるコンテンツ。おもしろい・感動的などユーザーの感情を揺さぶりバズらせることを目的に制作されるバイラル動画など。知ってもらうキッカケとなるコンテンツを指します。

  1. Hubコンテンツ

ファンとなり得る見込み客と企業をつなげ、継続的な関係を構築するコンテンツ。商品レビューや使い方、シリーズ化したミニドラマなど。前述のHeroコンテンツにより知ってもらったあとに、より詳細な情報を知ってもらうためにサイトやページに誘導するコンテンツを指します。

  1. Helpコンテンツ

ユーザーの比較・検討に役立つ情報を提供し、コンバージョンにつなげるためのコンテンツ。ハウツー動画やデモ動画など。より商品・サービスの理解を深めてもらい、導入判断の手助けになるコンテンツを指します。

どのフェーズにいる見込み客にアプローチしたいのか、どのような態度変容を促したいのかにより制作するコンテンツを検討します。

動画マーケティングを行うメリット・デメリット

キーボードの上にあるノートパソコン

自動的に生成された説明

企業が動画マーケティングを実践するには、メリット・デメリットを理解しておく必要があります。ここでは動画マーケティングを行うメリット・デメリットを紹介します。

動画マーケティングのメリット

企業が動画マーケティングを行うメリットは、以下の3つです。

  1. 訴求力が高い
  2. 情報量が多く理解しやすい
  3. 配信プラットフォームが豊富

順番に解説します。

訴求力が高い

動画はテキストや画像と比較して、訴求力が高いことがメリットです。

商品やサービス、企業の魅力などをテキストや画像だけで伝えるのには限界があります。対して動画では、実際に商品やサービスを使っているデモ動画や、オフィスで働く人や商品開発風景の動画を流すことで、視覚・聴覚から魅力を伝えることが可能です。

最近は、デモ動画から直接商品を購入してもらう「動画コマース」も行われています。

情報量が多く理解しやすい

動画は写真やテキストよりも、多くの情報を伝えられることもメリットです。

動画マーケティングでは、1分間の動画は一般的なWebページ3,600ページ分の情報量に匹敵するといわれています。これはアメリカの調査会社Forrester Researchの研究で、「1分間の動画は180万語の情報量に等しい」とされたことに基づいています。

動画は視覚だけではなく、聴覚にも訴えられることもポイントです。炭酸がはじけるシュワシュワという音、アスリートの息づかい、印象的な音楽などが、人々の聴覚を刺激し、商品やサービスの魅力を伝えるのに大きく貢献するのです。

配信プラットフォームが豊富

動画マーケティングでは、自社サイトはもちろん、YouTubeやニコニコ動画、TikTokといった動画配信サイト、FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSなど、配信プラットフォームが豊富なのもメリットです。

プラットフォームごとに特徴があり、ユーザー層も異なるので、自社のターゲットとする顧客や、動画配信の目的に合わせた配信先を選べます。


動画マーケティングのデメリット

動画マーケティングには、以下のようなデメリットもあります。

  1. 自社での制作が難しい
  2. 制作時間とコストがかかる
  3. 良い制作会社を見つけるのが難しい

それぞれ順番に見てみましょう。

自社に人材がいなければ制作が難しい

マーケティングに活用するような動画を制作するのは難易度が高く、自社で対応するのは難しいことが最初のデメリットです。

動画作成は裾野が広がり、多くの人がYouTubeやTikTokに動画をアップロードして楽しんでいます。しかしそれらは、企業がマーケティングに活用するのとはわけが違います。動画を制作するツールを揃えることは簡単にできても、マーケティングを目的とした動画制作ができる人材がいなければ、自社での制作は難しいのが現実です。

制作時間とコストがかかる

動画制作には、長い時間がかかることもデメリットです。

一般的な動画制作は、以下のような流れで進みます。

  1. 動画制作の目的と方向性を決める
  2. 動画の構成を決める
  3. 撮影する
  4. 編集する

上記の工程を経て動画が完成するまでには、動画の内容や長さにもよりますが、早くても数週間、長ければ数カ月かかると考える必要があります。さらに内容によっては、キャスティングやスタジオなどに多くの費用が発生します。外部に依頼するなら、外注制作費も必要です。

動画マーケティングを実施するには、一定の時間とコストがかかることは念頭においておきましょう。

良い制作会社を見つけるのが難しい

動画マーケティングを外部に委託する場合、良い制作会社を見つけるのが難しいこともデメリットです。

動画を作成している企業は多いため、予算にあった会社を見つけること自体のハードルはさほど高くありません。しかしマーケティングを目的とするのであれば、マーケティングに精通した業者を見つける必要があります。動画マーケティングは、「ただ動画を作って公開すればいい」といった簡単なものではないためです。

成果を出す動画を制作するには、動画マーケティングの知見があり、豊富な実績がある会社を探すことがもっとも重要になるのです。

まとめ

テーブルの上にあるノートパソコン

低い精度で自動的に生成された説明

動画マーケティングの概要や目的、手法、メリット・デメリットなどを解説しました。

動画が人々の暮らしに溶け込んだ今、動画マーケティングは、もっともホットなマーケティング手法といえます。動画はテキストや画像と比較すると訴求力が高く、短時間で多くの情報を伝えられるなどさまざまなメリットがあります。

ただし、動画を作って公開するだけでは、成果は期待できません。マーケティングを理解したうえで制作しないと成果を出すのが難しくなるため、制作会社は慎重に選びましょう。

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら