動画制作会社を選ぶ7つのポイント | kazakami

動画制作会社を選ぶ7つのポイント

YouTubeやTikTokが一般化し、企業による動画を活用したマーケティング施策が増えるなど、動画制作の需要が高まっています。動画制作を依頼できる会社は数多くあるものの、それぞれ得意分野や価格などが異なるため、自社の希望通りに、高い費用対効果で動画を制作できる会社を選ぶ必要があります。

本記事では、納得のいく動画制作ができる会社の選び方や、コストを抑えるコツなどを解説します。

動画制作会社を選ぶ7つのチェックポイント

最初に、自社の希望に合った動画を作るために、動画制作会社を選ぶ基準や、他社と比較するポイントについて説明します。

1.実績の豊富さを確認する

依頼しようと考えている会社が、今までどのような動画を作ってきたのか、どのくらいのキャリアがあるか、受賞歴があるかなどの実績は、必ず確認をするようにしましょう。それにより、依頼しようとしている動画と同じような作品制作の経験や、クォリティなどを確認でき、イメージに合った動画制作の可否を判断できます。

2.得意分野を確認する

動画制作の会社ごとに、得意分野・不得意分野があるので、どのジャンルが得意かも確認しておきましょう。ストーリー性のあるドキュメンタリー風動画て定評がある、アニメならこの会社が有名などそれぞれ異なるので、自社が作成したい動画が得意な会社を選ぶようにしましょう。

3.企画力・提案力が高いか  

動画の企画も依頼するならば、企画力や提案力も、重要なチェックポイントとなります。専門的な知識や技術を使って、クォリティの高い動画を作ることができるか、1案だけではなく、複数のバリエーションを提案してくれるかなどを確認することで、満足できる動画制作につながります。

4.価格がわかりやすく適切か  

動画制作にかかる費用が明確で、予算内におさまる適切な金額かも、重要な確認ポイントです。ネット上で一般的な費用感、相場などを確認した上で、依頼を検討している会社から見積を取ります。相場よりも高ければ、その理由を明確にしておきましょう。また、安いからの理由だけで選ぶのではなく、価格と質が見合っているかどうかの判断も必要となります。

5.適切な制作期間でスケジュールが明確か 

希望する納期に間に合わせて制作できるかも、大事なポイントです。また、発注~企画~撮影~編集~納品まのでスケジュールを、きちんと共有してもらえる会社を選びましょう。制作途中で発注側の確認が必要なタイミングなどが明確だと、仕事をスムーズに進めることができます。

6.制作後の運用サポ―トがあるか

制作した動画を、広告などのマーケティング施策として運用したい場合、動画制作会社によっては、YouTubeやSNS広告などによる運用や、効果検証まで請け負うところもあります。動画のA/Bテストなどを行うには、修正や改善の繰り返しが必要になり、同じ会社で運用と修正などの対応ができれば、効率的に施策を進めることができます。こうしたサービスは、動画制作会社にマーケティングのノウハウや実績がないと依頼できないので、事前に確認するようにしましょう。

7.担当者との相性

このほか、動画制作会社の担当者との相性も、チェックしておきたい点です。動画制作では、こちらの希望をしっかり反映させることが重要なので、担当者に対する信頼や話しやすさなどが重要なポイントとなります。共にいいものを創ろうと努力してくれる担当者ならば、気持ちよく仕事を進めることができます。

動画制作会社を選ぶ前に決めておきたいこと

動画を制作するなら、以下のことを事前に決めておくと、依頼する会社を選びやすくなります。

動画制作の目的・コンセプトをはっきりさせておく

最初に、動画制作の目的や、作る動画のテーマ・コンセプトを明確にしておきます。商品PRなのか、知名度アップなのか、ブランディングなのかなど決めておくことで、それらを得意とする会社を選ぶことができ、クォリティの高い作品づくりにつながります。

動画のターゲット・ペルソナを決めておく

目的やコンセプトと合わせて、動画のターゲットを決め、ペルソナを設定することで、より効果が出やすい動画を作成できます。ペルソナによって動画のトンマナやテイストが変わるので、必ず決めておくようにしましょう。

希望に近いイメージサンプルを用意しておく

作りたい動画に近いサンプルを用意しておくと、動画制作会社とイメージを共有しやすくなります。事前に方向性を決めておくことで、できあがった後のイメージの齟齬などのトラブル回避にもなります。

予算・納期を決めておく

予算と納期を明確に決めておくことも重要です。決められた予算や納期の中で、費用対効果とクォリティを最大化するように努力していきましょう。

■コストを抑えるためのコツ

・素材やサンプルを用意する

作りたい動画の目的やコンセプト、ターゲットが明確で、イメージに近い動画のサンプルがあると、企画の工程を簡易化できるので、コスト削減につながります。また、動画で利用する素材などを用意しておくと、撮影数を減らすことにつながり、予算を抑えることができます。

・まとめて発注する

複数の動画制作を依頼する場合は、まとめて発注することで、コスト削減が可能になります。撮影機材などのレンタル費やカメラマン・スタッフの人件費は、1日単位で請求されることが多く、これらを共用することで、費用を抑えられます。

・自社での内製化も検討する

最近は、無料で動画制作ができるソフトやアプリも多く出回っており、これらを活用して動画の一部を自作することで、コストダウンを図ることができます。自社内で動画制作ができると、費用を抑えられるだけでなく、細かな修正も対応しやすくなります。

・まとめ

希望通りの動画を作成するには、事前に目的や作りたいイメージ、ターゲット、予算、納期などを明確にしておくことが重要です。これにより、動画制作会社を選びやすくなり、スムーズな進行が可能となります。また、制作会社は、作りたい動画に似た作品の経験や実績があり、予算やスケジュールなどもはっきりと示してくれるところを選ぶようにします。コストを少しでも抑えるのであれば、素材を用意するほか、一部内製化することなども検討しましょう。

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら